Profile
Calender
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< May 2017 >>
Selected Entries
Categories
Recent Comments
Recent Trackback
Archives
Bookmark
Recommend
STRUGGLE
STRUGGLE (JUGEMレビュー »)
MO’SOME TONEBENDER

Last.fm
natalie




Rilakkuma
Search This Site
Others

melon sherbet

SPARTA LOCALSよ、永遠に!
ユニコーンのおじさんたちに踊らされています。
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

Posted by スポンサードリンク
- ☆ ☆ - ☆ -
[100429]ひとりカンタビレ@PARCO劇場

数々の抽選にことごとく外れ、
見に行くのは半ばあきらめていたのですが、
直前に友達からPARCO劇場公演を誘ってもらえたので
見に行ってまいりました。
わー!ありがとー!


PARCO劇場は、個人的に舞台を見に何度も行っている会場だけど
まさかここでタミオを見ることになるとは思わなかった。 

続きを読む >>
Posted by kummy
UNICORN/OT23:59comments(0)trackbacks(0)
[091020]50祭(チョットオンチー) 大阪城ホール2日目

川西幸一50歳記念
チョットオンチー栄光の50年
@大阪城ホール(2日目/誕生日当日)


奇しくもOT44、KK50はどちらも平日の大阪で行われたわけですが、
有給休暇を使って、2日間とも東京から見に行ってしまいました。
あぁ、ダメOL。
しかし、メンバーの誕生日にライブが行われるなんて
そうそうないと思うし、
ましてや西川君は50歳という大台に乗ってしまうめでたい日。
これをお祝いしないでどうする!と
新幹線にびゅーんと飛び乗ってしまいました。
うん。
結論としては行ってよかった!!!!!


振り返ってみるけれど、
ライブからちょっと日が経っているので軽く。 

続きを読む >>
Posted by kummy
UNICORN/OT22:55comments(0)trackbacks(0)
君に会いに行くよ
川西幸一さん、50歳おめでとうございます! 
タミオ他が猛スピードでおっさん化していってるというのに(※愛ゆえの発言)
西川君はどんどんどんどん若返っていておそろしい!
そしてどんどんどんどんカッコ良くなっていておそろしい!
にこやかにいろんな人をかきまわす
永遠の竜巻野郎でいてください。

さて、西川君が50歳になってしまったので、
私も朝イチの新幹線で、お祝いの地にかけつけるのであります。
火曜日とか平日とかそんなこたぁどうでもいいのさ!
不良OLとでもなんとでも言えばいいのさ!

どんなケーキが出てくるのかなぁ。
わくわく。

twitterの調子がよかったら、旅のあれこれをつぶやくと思います。



ついでにCDJのことでも。
ユニコーンが28日に出演決定したわけですが、
行くかどうかは微妙なとこです。
むしろ、今の段階では全日行かない方向。

なんていうか。
今の状況を例えると、
エアートランポリン(怪獣の内部がトランポリンになってるやつ)みたいというか。
昔は無邪気に中に入って、きゃーきゃー高く飛び跳ねてたのに、
今じゃ、大人になりすぎて、入口すら入りきれない。
無理やり入れたとしても、中のトランポリンが
大きくなりすぎた私を跳ね除けられなかったり、
高く飛べたとしても天井にぶつかったりで
あんまり楽しく遊べなくなってしまった。

だから出演者にユニコーンや他の好きなバンドがいたとしても
イベントを見に行く価値をそこまで見いだせない…。
いろんなバンド見れるから、楽しみ! っていう感情もわかない。
それは知らないバンドが多いせいもあるんだけど、
名も音も知らぬ新しい音楽を
貪欲に吸収する気分にはなれないなぁ…と。

あと、前も思ったけど、
お客さんの方をちゃんと向いてるの?って
なんとなく感じてしまうところもネックなのかも。

まぁ、まだ出演者の発表はあるようなので
なんだかんだいいつつも、様子は見ようと思います。


あ、本日発売のROCK IN JAPAN誌に、
923のライブレポートが載るようです。
大阪で買わねば…
Posted by kummy
UNICORN/OT04:26comments(2)trackbacks(0)
[091007]50祭(チョットオンチー) 武道館2日目
川西幸一50歳記念
チョットオンチー栄光の50年
@日本武道館(2日目)


あれー?
わたし、なんで今週こんな予定の組み方してるんだろう? 
という忙しさではありましたが、行ってよかった!
2日とも参加してよかった!
KK50祭に行くの巻。2日目。
続きを読む >>
Posted by kummy
UNICORN/OT00:37comments(0)trackbacks(0)
[091006]50祭(チョットオンチー) 武道館1日目
川西幸一50歳記念
チョットオンチー栄光の50年
@日本武道館(1日目)


OT44祭といい、KK50祭といい、
こんな素敵な宴に参加できる日が来るなんて、
1年前には思いもしなかったことです。

日本武道館という、ロックバンド憧れの地で
誕生パーティーを2回も開いてもらえるなんて
ロックンローラー冥利につきますね!西川くん!


続きを読む >>
Posted by kummy
UNICORN/OT00:56comments(0)trackbacks(0)
[090720]NANO-MUGEN FES.2009 2日目

私は9割方、邦楽ばかり聴いているような人間ですので
フジロックとかサマソニとか、
いわゆる邦楽洋楽が混在している音楽フェスには
いまいち興味を持てなかったのですが
(まぁ興味を持てない一番の要因は、音楽とは別のところにありますが)
今回、NANO-MUGEN FESに参加してみて、
あぁ、単なる喰わず嫌いなだけだったんじゃないかという事に気づく。
今までの自分のイメージを覆すような、
非常に楽しい空間が横浜アリーナに出来上がっておりました。


英語がわかんなくたって、
そこで音楽が鳴り響いていれば、
その音楽が共通の言語となり
自然と身体がリズムにあわせて揺れはじめる。


ゴッチ氏がMCで
「“邦楽”とか、“洋楽”とか
そういう垣根をとっぱらって、“音楽”として楽しんでほしい」
というような事を言っていたのですが、まさにそうだなぁ、と。


日本のあちこちで生み出される音楽が邦楽、
それ以外が洋楽だとしたら、
邦楽って言葉でくくってしまうなんて、
なんてちっちゃなことかと。
世界はずっとずっと広いのですから。



しかしゴッチ氏の「ドラクエ、やめて」ボードには笑っちまったのです。
あー、わたしもドラクエやりたーい!(DS未所持) 
20090720104945.jpg

続きを読む >>
Posted by kummy
UNICORN/OT22:47comments(0)trackbacks(0)
ぼくたちはおどるだけ それだけだよ
ツアーが終わってもなお、
ユニコーンのおっさんたちに、おどらされている日々。

本日わたくしがおどっていたのは、UC×UT 
ユニコーンとユニクロ(UT)とのコラボTシャツが
本日から販売開始だったのです。

デザイン的にそこまで人気はないんじゃないかと
たかをくくっていましたが、
これがなんだかあちこちで品切れ起こすほどの人気らしく
(在庫調整してるという話もmixiであがってますが)
ツアーグッズの時といい、
ユニコーンファンは本当にお金持っててうらやましいなぁ、と
他人事のように感じているユニコーンファンのわたくしでございます。

残ってるかどうかもわからず、少々不安を抱えながら
会社帰りに原宿のUT STOREに行ってみたけれど
18時すぎには各デザイン(第一弾として6種類のみ販売)
Mサイズ以降の大きめサイズしかほぼほぼ置いてませんでした。
やっぱりXSとかSとか女子サイズは
なくなるのが早いすね。

私も一応女子らしく、Sサイズがほしかったので
品切れは残念だったけど、
家で着たり、旅行先のパジャマとして着ようかと思ってたので、
そこまでサイズに執着せずもよいかな、と
Mサイズのユニクロロゴ風Tシャツ(黒)を購入。

家で着てみたら、
(丈は長いが)これがぴったりでね!
自分の厚さを実感する涙雨の夜だったのでした。
へこむね!
やー、でも、エゾTシャツ(S)と
身幅とかそんなにかわらなかったけどなぁ〜(負け惜しみ)


そして、原宿 UT STOREで購入すると
Tシャツが専用ボトルに入っております。
20090615195650.jpg
同じ値段でどうせ買うなら、ボトルもほしいなぁ、と
原宿店に行ったしだいです。

それと店内には赤ツナギ(メンバーが着用したもの)も
飾られておりましたよ。
20090615182906.jpg

西川くんのツナギのすそ、見てくるんだった。
短くなったりしてんのかな。


帰りは、紀伊国屋書店によって
ユニコーンを全力で特集してくれている別冊カドカワを購入。
とことんユニコーンづくし。
三浦さんの撮る写真はいいな。

紀伊国屋のフロアをうろうろしてたら、
演劇映画関連の棚で見つけた
月刊シナリオという雑誌で、
阿佐ヶ谷気分が特集されていたので、
しばし閲覧。
監督さんと脚本家のかたの対談とかも載っていて
面白そうだったなー。
お給料出たら買おうかしら。
Posted by kummy
UNICORN/OT23:05comments(0)trackbacks(0)
[090512]@ZEPP OSAKA (その2)
ブログが一気にUCさんに支配されてっている…
おそろしい…
おっさんたちにこんなに夢中にさせられるとはおそろしい…

武道館終了後ではありますが、
大阪の残りのメモを書きあげるのです。
 
続きを読む >>
Posted by kummy
UNICORN/OT20:58comments(0)trackbacks(0)
[090522]ユニコーン@日本武道館 3日目
20090522181052.jpg

ユニコーンさんの蘇える勤労ツアーは
月末の沖縄2DAYSも残っておりますが、
私にとって、22日の日本武道館公演がファイナルとなりました。

今ツアーのセットリストどおりに作ったプレイリストを
iPodで聞きながら会社に行くのが、5月の日課でしたが、
これまでの日々と違って、
21日・22日は聞くたびになんだかどんどんと
さびしい気持ちがわき上がって、
ちょっと涙目になったりも。

こんだけ回数見てんのに何贅沢なこと言ってんだ!
と思われても仕方ないのですが、
でもやっぱりあの5人の演奏は何度でも見ていたい。
見るたびに5人の距離感が近づいているような気がするし
いろんな発見がある。
40代とはいえ、まだまだ進化をしています、ユニコーン。
そして、わたしにとって、ユニコーンは永遠に、
自分内ランキング1位のロックバンドだと確信したツアーでした。


20日のライブでは、曲を聴いていて、
あぁあの時はこんなだった、
この時はああいうことがあった、と
現在進行形で見ている光景に
これまでの光景が重なって、
なんともいえない不思議な気持ちに。

最終日はどういう気持ちになるんだろうと
幕が落ちたステージを見渡す。
衣装がカーキツナギ。
山形初日とおんなじ。
あぁ、自分が見たライブの最初と終わりがリンクするなんて、
最高だな、と思いながら見ておりましたが、
本編最後のHELLOの歌詞を追ってたら、
1993年9月21日のオールナイトニッポンの記憶とが
つながってしまって、涙ボロボロ。

タイムマシーンで16年前に戻って、
真夜中3時に泣いていた高校生の頃の自分に
そのまま、5人を信じて待ってたらいいよ、と声をかけれたらな。

とにかく
「闇を突破する。WAY!」
この瞬間を味わえた最高の夜だったのです。
続きを読む >>
Posted by kummy
UNICORN/OT14:17comments(0)trackbacks(0)
[090520]ユニコーン@日本武道館 2日目
20090520220343.jpg

わたしが今現在、なってみたいと思う人物は
三浦憲治氏(ユニコーンのカメラマン)です。
あのにょきとしたカメラでメンバーを撮ってみたいのです。

そして、今日は念願だった
あの衣装にお目にかかれました。
その衣装を着たタミオが
どう見ても喰いタンに出てた少年探偵の
あの男の子にしか見えなかったんだぜ。
もしくはコナンくん。

今更ながら、萌えるという単語は
こういうときに使うんだな、とおもう武道館2日目。
続きを読む >>
Posted by kummy
UNICORN/OT00:48comments(0)trackbacks(0)