Profile
Calender
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< December 2017 >>
Selected Entries
Categories
Recent Comments
Recent Trackback
Archives
Bookmark
Recommend
STRUGGLE
STRUGGLE (JUGEMレビュー »)
MO’SOME TONEBENDER

Last.fm
natalie




Rilakkuma
Search This Site
Others

melon sherbet

SPARTA LOCALSよ、永遠に!
ユニコーンのおじさんたちに踊らされています。
<< [091008]Wir wollen nach Deutschland fahren | main | 夢から覚めて 夢を見て >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

Posted by スポンサードリンク
- ☆ ☆ - ☆ -
[091010]久しぶりの新橋演舞場
昨日は劇団☆新感線の舞台、
「蛮幽鬼」を見に新橋演舞場へ。
久々の舞台鑑賞ですー。  
やっぱりここの劇団だけは、どうしてもはずせません。

Inoue Kabuki Shochiku-mix 「蛮幽鬼」
[作]中島かずき  [演出]いのうえひでのり
[出演]上川隆也 / 稲森いずみ / 早乙女太一 / 
橋本じゅん / 高田聖子 / 粟根まこと / 
山内圭哉 / 山本亨 / 千葉哲也/
堺雅人    他




土曜日ということもあり、
今日は1日2回公演で、その1回目の上演を見た私。
開場11:30、開演12:00。
12時から舞台を見る、なんて初めてだわー。
新橋演舞場時間てのはすごいなぁ、とおもいながら会場へ。
(まぁ新感線の舞台は、大体3時間くらいあるので
仕方ないけれど)
役者さんも早くから来て準備せねばならぬから
大変ですね…

いつもだったら、新感線の舞台は前のほうの席で見ておりますが
音楽方面で散財してるのと
新橋演舞場は1等席から3等席まで
席種が細かく分かれているので
今回はお安い席の3等席(3階1列目)でいいかな、と。
花道とか死角もあったし、
表情がいまいちわからなかったりもしたけど
お値段以上に楽しめました。

でもやっぱり1等席で見ればよかったー!って。
ケチるんじゃなかったー!って。
それは猛烈におもいました。
余裕のある大人になりたいですわ…。


あらすじを簡単に書くと、
留学先での仲間の裏切りにより、
異国の牢獄へと追いやられ、
復讐の鬼と化した男(上川隆也)と
ある理由から、牢獄の奥深くに幽閉されていた
殺人鬼(堺雅人)。
その2人の鬼が、脱出不可能といわれる
離島の牢獄で出会ったところから始まります。


長年、新感線の舞台を見てきておりますが、
こういう話の展開はあまりないんじゃないかと。
序盤から細かく張り巡らされていた伏線が、
段々とつながっていく過程で
「え、ここに行きつくの…?」って驚きがあって、
その意外性もあってか、
私は今までのInoue kabuki作品だったら
「阿修羅城の瞳」と同じくらいに好き。
=1番か2番目に好き。

でもこれまでと変わらない部分もあって、
それはやっぱり悲恋だということ。
NODAMAPも大体悲恋だし、
ハッピーエンドの舞台って好みじゃないのかもしれない。


上川隆也は何度か新感線の舞台で見ていて、
今まであまりピンとはこなかったんだけど
今回はハマり役だったなぁ。
序盤にあった仲間に騙され、
牢獄送りにされる場面なんぞ、
私の中の上川隆也像(=真面目そう)を
ぶっ壊す勢いで狂乱しており、鳥肌でした。
長年舞台をやっている人だから、
セリフも聞き取りやすいし、
コミカルな場面もお手の物だし、
今更ながら、上川さんっていい俳優さんだな…


堺雅人は過去にPARCO劇場の
「ヴァンプショウ」やら「噂の男」やらで
生で見たことがあったので(セミヌードも見てるぜ)、
免疫はついてるはずなのですが、
ここまで彼に惹かれるとは思わなかった。

堺雅人が殺人鬼?って思うかもしれません。
実際、舞台上ではイメージ通りの爽やかな笑顔を
ふりまいているのですが、やっていることは非情。
暗殺を生業とする部族に生まれ、
その部族内でもエリート中のエリート。
数人の人間に囲まれても、あっという間に全滅させ、
自分の目的のためなら、
例え親交ある人間でも、容赦なく陥れる。

笑顔の下に隠している、
人を殺すことにしか喜びを感じない異常な精神が、
ふとした瞬間に垣間見えるので、
それが何とも恐ろしかった。


でも、あんな爽やか殺人鬼に狙われたら
私は「あぁ、どうぞどうぞ」と
抵抗することなく殺されてしまうに違いない。
だってMだから。
爽やかなのにサディストだというギャップも
たまりませんでした。
あぁ、今、私、堺雅人にちょっとだけ恋してる。
早くクヒオ大佐見に行かねば…


稲森いずみは「どうせお嬢さん女優でしょ?」
みたいな感覚でいたのですが、見たら180度変わったよ。
ごめんなさい。
凛としててカッコ良かった。
最後のあのシーン、背筋がゾクゾクしました。


早乙女太一も、新感線にあうのかなぁ?って
懐疑的な感じでいたのですが、
私が間違ってました。ごめんなさい。
そして出てくれてありがとう。
女形で踊る場面があるのですが、妖艶すぎる。
そして舞いがまるで
地面からちょっと浮いてるんじゃないか?
って思ってしまうぐらいに軽やかで
すーっと移動するの。
やー、あれは見とれるわ・・・。
あと、殺陣がうまい…!
個人的には新感線の殺陣を指導してる
川原さんとの対決があればよかったかなぁ、と。
しかし、彼はまだ18歳なのですね…末恐ろしいな…

そして、Piperの山内圭哉に
女好きでズル賢い役をやらせたら
天下一品だということを再確認しました(笑)。

あとじゅんさんの盛り上げ上手なところにも惚れぼれ。
「演舞場で思い出をつくろう!」
「大王(おおきみ)がなんぼのもんじゃーい! 」
ウハハ。
 
Posted by kummy
play & movie & TV10:47comments(0)trackbacks(0)
スポンサーサイト
Posted by スポンサードリンク
- ☆ 10:47 ☆ - ☆ -
COMMENT









Trackback URL
http://kumibow17.jugem.cc/trackback/824
TRACKBACK